【猫への素朴な疑問】猫の性格から食事、キャットタワーまで

  • 2015年8月22日
  • 2019年7月23日
  • コラム

猫の柄や毛の長さで性格がわかるってホント?

猫を飼う前に、どんな性格の子か知りたいと願う人はたくさんいます。長年一緒に暮らす家族となるので、そう思うのも無理はありません。

じつは、猫は柄や毛の長さで性格がわかると、一部では言われています。科学的な根拠はないので、血液型占いや統計学のようなものですが参考にしてみてください。

茶トラ

茶トラ

茶トラ柄になるのは遺伝子的にオスが多いです。メスの茶トラは全体の1~2割ほどしか存在しません。

オス猫が多いせいなのか、甘えっこでやんちゃな子が多いようです。

黒猫

黒猫

不吉な象徴なんていう人もいますが、黒猫はとても人懐っこく触れ合うことが大好きな子が多いです。

黒猫はツヤツヤした独特の毛質なので、思う存分撫で回してあげると、飼い主も猫もお互いハッピーになれます。

賢い子が多く、人の気持ちを理解してくれやすいです。

白猫

猫

全身が真っ白でブルーの目の猫は、遺伝子的に聴覚に障害を持っている子がいます。

とはいえ、すべての白猫ブルーアイの子が障害を持っているというわけではありません。

頭がよく神経質です。気位が高くツンとしている子が多く、ある意味とても猫らしい性格をしています。

とはいえ、中には飼い主だけがいるときはベッタベタに甘えてくる子もいるようです。

キジトラ

キジトラ

元々、猫はすべてこの柄でした。そこから長い時間をかけて突然変異が固定化して、さまざまな柄の猫となったのです。

そのため、キジトラの猫は野性味を濃く残している子が多いです。飼い主以外にはあまり懐かず、警戒心がなかなか抜けません。

しかし、一度家族だと認めると、豹変してとても甘えっこになる子も多いようです。

あまりに野性味が強い場合は、喧嘩っ早かったり怒りやすかったりします。

三毛猫

三毛猫

三毛猫は遺伝子上ほとんどオス猫が生まれません。そのせいか女王様、お姫様気質の猫が多く、人とは適切な距離を保った関係が好きな子が多いです。

白猫よりもさらに猫らしい猫といった性格です。賢く器用でキレイ好きであり、つくしたいという人にはぴったりの猫です。

長毛種と短毛種

長毛種と短毛種

一般的に長毛種の猫は気位が高いけれどおっとりとした性格をしていて、短毛種の猫は活発でやんちゃだと言われています。

これは元々猫は短毛で、改良の末に長毛種が誕生したせいかもしれません。

また、長毛種の場合、活発に動き回ると毛が絡んで解けなくなってしまうのも関係しているかもしれませんね。


もちろん猫の性格は柄や毛の長さだけで決まるものではありません。どんな環境で育ったかも大きく関係してきます。

思ったような性格に育たなくても、猫は可愛いものです。うちの子はこんなところが違うなと、むしろ性格の違いを楽しむくらいがいいでしょう。

キャットフードの素朴な疑問「キャットフードの価格がピンきりなのはなぜ?」

キャットフードを購入する際、多くの方がその価格の差に驚くことでしょう。数キロで数百円のものもあれば、数グラムで数千円のものもあります。

いったいこの差は何なのか、どれを選ぶのがいいのか、ここではそんな素朴な疑問にお答えします。

ペットフードの安全基準と価格

ペットフードは基本的に、国産のものは安く、海外のものは高い傾向にあります。

人間用の食品の場合は圧倒的に国産が好まれ、かつ高めに設定されていますが、ペットフードの場合は全く逆で、海外ものが好まれる傾向にあります。

その理由として、海外の一部の国ではペットフード用の安全基準や法律が設けられており、製品の質などに厳しいチェックや規制があるためです。

当然製品コストも上がりますが、それが安全のための価格でもあるのです。

一方で日本ではこのような基準はないため、できるだけ安価な原料を使ったペットフードも出回っています。

テレビCMなどで広告料をかけているものもありますが、それでも海外のものに比べれば安めです。ただ最近はペットブームもあり、海外基準に合わせた高級志向のものも数多く出回っています。

実際に2007年には中国産のペットフードで死亡事故が起きたことがあります。これをきっかけにこの年は大量のペットフードがリコール対象となりました。

こういったことからも、ペットフードの安全性は飼い主の多くが望んでいることでもあるのです。

人気はプレミアムキャットフード

子猫

ドッグフードにもキャットフードにも言えることですが、一般的に人気なのは安すぎずに一定の安全性を満たしている価格帯のプレミアムペットフードです。

キャットフードの場合大手メーカーの商品を参考にすると、ドライフードで1kg/1,000円前後のもの、ウェットフードなら1缶(一匹一食分)/100円前後のものが多くなっています。

大入りになっているもの、安売りしている店などを探せば、実際にはこれより3割~4割ほど安く買えるでしょう。

もちろんこれより高価なものも安価なものもたくさんあります。好みや価格を比較しながら、それぞれの家庭で良いものを選ぶといいでしょう。

ペットは日頃の健康管理が大事

日々の食生活で健康を維持することは、人間だけでなくペットにとっても大事なことです。

特にペットの医療費はかなり高額。病院嫌いの子も多く、動物病院通いがストレスとなり体調を崩してしまうケースも少なくありません。

そのためペットは人間以上に日々の食生活で健康を維持することが求められます。

そのためにも質が良く、愛猫、愛犬にあったフードを選ぶのが飼い主のすべきことでもあります。

ぜひフードの特徴や品質をチェックしながら、手ごろな価格の、良いフードを見つけてみましょう。

猫にもてるにはどうしたらいいの?

猫のことが大好きなのに、なぜか猫からは好かれないなんて人はいませんか。

猫に好かれるにはどうしたらいいのでしょうか。

ポイントは嫌われるようなことをしない

猫たち

猫に好かれないと思っている人の多くは、知らず知らすのうちに猫に嫌われる行動をしています。

飼ったことのない人はとくに誤解しやすいのですが、犬と猫を同じようなものだと考えてはいけません。

懐きやすい犬とは違い、猫は警戒心が強く神経質です。また、一度嫌ってしまうとなかなか考えを変えません。

まずは猫と会う前に、どのような行動が猫に嫌われ、どうすればモテるのか頭の中に入れておきましょう。

1.背を低くする

猫

人間は猫より何倍も大きいです。自分よりもはるかに大きな生き物に近づいてこられたら怖いと感じてしまいます。

猫に近づくなら、なるべく腰を落として身体を小さくし、威圧感を少なくするようにしましょう。

室内ならほふく前進するのも手です。

2.目を見ないようにする

猫

猫同士が目を合わせるのは喧嘩の合図です。喧嘩を売っていると誤解されないように、なるべく猫の目を見ないようにしましょう。

落ち着いていることを示すように、なるべく目を細めます。

もしもうっかり目が合ってしまった時は、すぐにそらして瞬きをすれば「敵意がないよ」という合図になります。

3.ゆっくり動く

猫

素早く動くと、ますます恐怖心をあおってしまいます。猫が大好きでも、見つけたから駆け寄るなんてことはしないようにしましょう。

4.大きな音は立てない

猫

猫は聴覚が発達しています。獲物の動きを音で察知し、狩りをするからです。

些細な音も拾ってしまうため、大きな音を嫌います。出会った興奮から叫んだり、大きな声で話しかけたりはしないようにしましょう。

足音も極力出さないほうがいいでしょう。呼びかけるなら、少し高めの声が好きなようです。驚かせない音量で、優しく声をかけましょう。

5.香りはつけないようにする

猫

猫は嗅覚に優れていて、自分の身体に変なにおいがつくことを嫌います。よって、猫と会うときはなるべく身体に香りをつけないようにしましょう。

人間にとってはいい香りの香水や柔軟剤の香りも、猫にとっては悪臭であることがります。

とくにグレープフルーツやシトラスなど、柑橘系の香りは猫が嫌うのでつけないようにしてください。


このように、猫に好かれないと悩んでいる人ほど、猫に出会った瞬間に興奮して駆け寄ったり、歓声をあげて自分から嫌われていることが多いのです。

猫に人間の子供嫌いが多いのはそのせいです。

まずは溢れる気持ちを押さえつけ、猫の気持ちになって行動するよう心がけましょう。

キャットタワーを選ぶポイント

猫の遊具といえばキャットタワーですよね。猫カフェなどに行けば、必ず目に付きます。とはいえ、キャットタワーは思いのほか高額です。

私たちはどのようなことに注目してキャットタワーを選んだらいいのでしょうか。

キャットタワーを購入するメリット

キャットタワー

1.運動不足の解消

最近は、猫を完全室内飼いにする家庭が増えてきました。

感染症や交通事故などを防ぐことにはとても有効なのですが、室内だけではどうしても運動不足になりがちです。

猫はもともとは木の上で生活していたため、高いところが好きで、上下に動くことを好みます。

そのため、キャットタワーがあると自分で上り下りをくり返すので、運動不足の解消に役立つのです。

2.爪とぎ場の確保

多くのキャットタワーは、柱が爪とぎになっています。爪とぎ場が増えることで、壁やカーテンなどで爪をとぐことを防止できます。

3.猫専用スペースを確保

人間と同じように、猫も自分だけのスペースがないとストレスが溜まります。自分だけが使えるお気に入りの場所があるというのは、大切なことです。

隠れる場所や、見渡せる場所があるキャットタワーは、猫にとって理想のスペースとなります。

このように、キャットタワーは猫にとってさまざまなメリットがあります。

とはいえ、

  • 家具を組み合わせたりなどして猫が上下運動できるようにしている
  • 気に入る爪とぎを複数設置している
  • 猫が安心できる専用スペースをいくつか確保している

などの対策をすでにしているのでしたらキャットタワーは必要ありません。それらの用意が面倒だという人は、キャットタワーの購入がおすすめです。

キャットタワーの種類

キャットタワー

1.突っ張りタイプ

突っ張り棒を使い固定するタイプのキャットタワーです。床から天井まで使うので高さがあり、遊べるスペースが広いです。しっかり固定できるので正しく設置すれば倒れる心配がなく、地震のときも安心です。

省スペースタイプのタワーもあるので、据え置きタイプよりも場所をとりません。しかし、固定のためにはしっかりした作りの天井でなくてはならず、設置すると天井を傷つける可能性があります。

一度設置すると、なかなか移動できないというデメリットもあります。

2.据え置きタイプ

低いものから180cmくらいのものまであり、種類が豊富です。置くだけなので、天井を傷つける心配がありません。

しかし、突っ張りタイプのものよりも広い設置スペースが必要となり、安定性にやや欠けます。

選ぶポイント

キャットタワー

賃貸住宅に住んでいる人は、天井に傷がつかない据え置きタイプを購入しましょう。高い場所が好きな猫には突っ張りタイプがおすすめです。

子猫の場合、たまに足を踏み外して転落事故を起こすことがあります。使用中は見守ってあげるか、子猫用の小型タワーを購入するといいでしょう。

7歳をすぎた老猫の場合は、足腰に負担がかからない段差の低いものや階段つきのタワーがおすすめです。

猫に猫草はあげたほうがいいの?

ペットショップやホームセンターに行くと、猫草が売られているのと目にします。

そもそも猫は肉食の生き物です。なぜ猫は食べるのでしょうか?

猫草の正体はエンバク(燕麦)

猫

細く尖り、一見すると雑草のような猫草。その正体はエンバク(燕麦)と呼ばれる、イネ科の穀物の若葉です。

成長し刈り取られた実はシリアルなどに使われていたり、ビールの原料となります。

食べ頃の猫草は、ペットショップなどで300円ほどで購入することができます。種や栽培キットも販売されているため、猫草をよく食べる子を飼っているのなら、自分で栽培するというもの手です。

猫はイネ科の草を好む傾向にあるため、大麦や小麦の若葉を育てても、喜んで食べてくれます。

代用品として、灰汁の少ない野菜を与えることはできますが、猫にとっては危険な野菜もあるので注意が必要です。

猫草を食べる理由

猫

猫がなぜ猫草を好んで食べるのかは、いまだはっきりとした理由がわかっていません。

しかし、以下の理由からではないかと推測されています。

1.胃の洗浄のため

猫はよく身体を舐めるため、毛を体内に取り込んでしまいます。

猫が毛玉を吐くのは、胃に溜まった毛を身体の外に出すためです。うまく毛を吐き出すことができないと、最悪毛球症という病気になってしまうことがあります。

そこで、細く尖った草を食べることで胃を刺激し、毛を吐きだしやすくしているのではないかと言われています。

長毛種や、毛を吐くのが下手な子、換毛期などには、とくに猫草を与えるといいでしょう。

2.嗜好品として楽しむため

生きていく上で必要な栄養素ではなくとも、人間がおやつを食べることを好きなように、猫も猫草を食べているのではないかと言われています。

シャリシャリとした歯ざわりが気持ちいいのかもしれません。

3.便秘予防

猫は肉食であるため、便秘になりやすい生き物です。

食物繊維を取り入れることで、胃腸の調子を整え、便のとおりをよくしているのではないかと推測されています。

与えた後に、未消化の猫草のせいでお尻が汚れることがあるので、トイレの後は気をつけてあげましょう。

4.ビタミン摂取のため

燕麦にはたくさんのビタミンが含まれています。

猫草を食べることで、それらの栄養素を補っているのではないかと言われています。


いかがでしたか。胃にたまる毛はブラッシングを頻繁に行うことで、ある程度抑えることができます。

最近のキャットフードにはビタミンも食物繊維も配合されています。よって、猫草は必ずしも猫にとって必要なものではありません。

しかし、喜んで食べてくれる姿は、見ていて楽しいものです。まずは試しに一度、猫草を与えてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
>猫との暮らしをmotto(もっと)笑顔に。

猫との暮らしをmotto(もっと)笑顔に。

CTR IMG