かかったら怖い猫の病気~正しい知識と予防方法

猫にはさまざまな疾患がありますが、その中でも感染したらとても怖い病気もいくつか存在します。

大切な愛猫が病気にかからないためにも、正しい知識を身につけて予防をしましょう。

ここでは、かかると怖い猫の病気と予防方法を解説します。

猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症=FIV)とはどんな病気?

猫エイズという病気を知っていますか?エイズなんて聞くとギョッとしてしまいますよね。

その名前のせいで誤解されやすい病気ですが、一度感染してしまうと有効な治療法がないため、猫にとってはとても怖い病気です。

正しい知識を持ち、感染予防に努めましょう。

猫免疫不全ウイルス感染症とは?

猫

猫免疫不全ウイルスに感染してしまい、それによって免疫力が衰えてしまう病気です。

人間のエイズとはまったく違う病気で、猫以外に感染することはありません。

感染したから必ず発症するわけではなく、ストレスを与えずに適切な環境で飼育していると、キャリアのまま天寿をまっとうすることもあります。猫免疫不全ウイルス症候群は、3つの段階にわかれます。

1.急性期

ウイルスに感染すると、風邪のような症状や微熱、下痢、リンパ節が腫れるなどの症状が見られます。ほとんどの場合は、この時期に死ぬことはありません。

徐々に症状は治まり、数ヶ月ほどで見られなくなりますが、体内のウイルスは消滅したわけではありません。

なかには急性期の症状が出ない猫もいます。

2.無症状キャリア期

急性期を過ぎると症状が消え、それからしばらくは無症状の状態が続きます。この頃は見た目には健康な猫とまったく差はありません。

しかし、ウイルスはリンパ球の中に潜み、ゆっくりと進行しています。

無症状キャリア期は4~10年と個体によって差があり、中には生涯、無症状キャリア期のまま命を終える猫もいます。

3.エイズ発症期

無症状キャリア期をすぎると、いよいよ目で確認できるような症状が出はじめます。発症初期は、口内炎ができ治らなくなる場合が多いです。

ほかにはよだれや目やに、鼻水が出る、体重が減るなどしはじめます。

それから徐々に症状が進み、免疫力が落ちたことで、風邪に似た症状や、潰瘍、皮膚炎などさまざまな症状に見舞われます。

このステージに入ると猫後天性免疫不全症候群と呼ばれ、ほかの期間と区別されています。

ついにはガンや肺炎などを併発して、最終的には死亡します。

猫エイズに感染させないようにするには

猫の喧嘩

猫エイズは母子感染か、接触感染でしかうつりません。唾液感染もまれに起こりますが、ウイルスがとても弱いため、猫同士で少し触れ合ったり、同じ食器を使ったくらいではまず感染しません。

ほとんどの場合、交尾や喧嘩で流血するほど怪我をしたときにうつることが多いです。

よって猫を飼ったら外に出さないようにすることが一番の予防となります。

日本は他国と比べても感染率が高く、2割ほどの猫が猫エイズウイルスに感染していると言われています。

2008年から、猫エイズの予防接種が可能となりました。心配な人や、多頭飼いをしていてキャリア猫がいるなどする人は、獣医師と相談の上、接種させるといいでしょう。

また、自分の飼っている猫がキャリアと判明した場合は、ほかの猫にうつし病気を広めないためにも、外に出さないようにしてください。

猫白血病ウイルス感染症(FeLV)とはどんな病気なの?

猫白血病ウイルス感染症は、猫エイズと並んで猫がかかりやすい伝染病です。

継続感染すると有効な治療法がないため、ほとんどの猫が数年で死にいたってしまうとても怖い病気です。正しい知識を得て、予防に努めましょう。

症状

猫

猫白血病ウイルスに感染することで、さまざまな症状が身体に現れます。白血病になることもありますが、2~3割だとされています。

白血病にならずとも、免疫力の低下、貧血、腎臓病、流産などが起こり、命を落とすことも珍しくはありません。

感染すると、4週間ほどたってから貧血や発熱、リンパ腺の腫れなどが見られ、目に見えて元気がなくなります。

1週間から1月くらいで初期症状は落ち着きますが、ウイルスが完全に排除できた場合と、体内にとどまってしまった場合があります。

ウイルスを排除できなかった場合、一生身体の中に残り、持続感染となってしまいます。

生まれてすぐに感染した場合はほぼ100%、12週までなら30~50%、1歳以上なら10~30%程度の猫が持続感染になると言われています。

持続感染になってしまった猫の致死率は、6ヶ月で30%、2年間で60%、4年間で90%ととても高いです。

感染経路

猫たち

猫白血病は唾液をかいして感染することがもっとも多いです。

他には母乳、血液、糞尿、などからも感染します。食器の共有やグルーミングなどからもうつるため、多頭飼いしているお宅で一匹猫白血病の子がいると、全員に感染してしまう危険があります。

母猫がキャリアだった場合、胎盤感染することもありますが、ほとんどの場合は死産します。人間や犬にはうつりません。

治療方法

三毛猫

猫白血病の完全な治療方法は発見されていません。

しかし成猫の場合は、感染後すみやかにインターフェロンを投与し、適切な方法で免疫力を高めてあげると、8~9割の確立で継続感染を防ぐことができます。

継続感染になってしまった猫は、出てきた症状に対応する対処療法しかできませんが、ある程度延命することは可能です。

感染予防

室内猫

とても危険な病気なので、すべての猫が摂取すべきだとされているコアワクチン(3種混合ワクチン)にも、猫白血病のワクチンが含まれています。

そのため、年に1回ワクチンを接種させることをおすすめします。

しかし、残念ながらワクチンも100%有効なわけではありません。

もっとも確実なのは、完全室内飼いをして、ほかの猫と接触させないことです。新たに猫を迎えるときは、事前に検査し、陰性であることを確認しましょう。

もしも感染してしまったときは、これ以上ほかの猫に被害を拡大させないためにも、やはり完全室内飼いにしましょう。ストレスを与えず、発症させないよう穏やかにすごさせてあげてください。

侮ったら危険!猫風邪とはどんな病気?

猫も風邪をひくって知っていましたか?風邪と聞くと軽く考えがちですが、猫風邪は侮ると怖い病気です。

保護した野良猫はよくかかっていることがあるので、注意してください。

猫風邪とは

猫風邪は咳や鼻水が出るなど、人間がかかる風邪と似た症状が出ます。ウイルスや細菌などさまざまなものが原因でかかり、複数の病原体に感染することで引き起こされることも珍しくありません。

主にヘルペスウイルス、カリシウイルス、クラミジアが原因で起こり、前二つに感染した場合は症状が悪化しやすいとされています。

子猫や体力の衰えた猫が感染した場合、抵抗力が弱いため重症化しやすいです。

とくに子猫の場合は呼吸器官が未発達であるため、肺炎になり死亡することもあるため、早期に病院へ行きましょう。

猫風邪の症状

猫

どの病原菌に感染したかで症状は異なってきます。

鼻水、咳、涙、目やに、結膜炎、角膜炎、よだれ、口臭、発熱、口内炎、舌炎、肺炎などの症状が起こります。

猫エイズや猫白血病にかかっていると、重症化して亡くなる可能性が高くなります。

猫風邪がうつる経路

猫から人や犬にはうつりません。猫同士では感染します。

分泌物から感染するため、毛づくろいをしあったり、猫の鼻水や唾液がついた場合に感染します。

多頭飼いをしていると、一匹感染したら、すべての猫にうつってしまうことが多いです。

それを防ぐには、猫風邪をひいた猫だけ隔離する必要がありますが、分泌物を触った手を洗わずに別の猫の触れてもうつることがあるので、接触した後に別の猫に触れるときは気をつけてください。

治療するには

猫

人間の風邪よりも症状が重くなりやすく、放っておくと悪化しやすいため、猫風邪かなと思ったら獣医の診察を受けましょう。

原因となっている病原体を特定し、それにあった治療をします。

だいたいカリシウイルスの場合はインターフェロン、ヘルペスウイルスの場合は抗ウイルス薬、クラミジアの場合は抗生物質を投薬します。

適切に治療を行い安静にしていれば1~2週間で完治します。

猫風邪はワクチンで予防できる

カリシウイルスとクラミジアウイルスは、ワクチンを打つことで予防でき、かかっても重症化を防ぐことができます。

飼いはじめたら子猫のうちから年に一回ワクチンを打つようにしましょう。

子猫の場合は母親からもらった抗体が消えるタイミングを狙ってワクチンを数回打たなければいけないので、早めに獣医に相談してください。

また、多頭飼いの家では猫風邪が蔓延してしまうことがあるため、すべての猫にワクチン接種をさせたほうがいいでしょう。

猫の病気について
最新情報をチェックしよう!
>猫との暮らしをmotto(もっと)笑顔に。

猫との暮らしをmotto(もっと)笑顔に。

CTR IMG