疾患別に対応☆ロイヤルカナンのキャットフード

人間と同じように、猫にもさまざまな疾患があります。

そんなときは専用の食事療法食糖コントロールで体調を整えていきましょう。

目次

糖尿病・肝リピドーシスに悩んだら、ロイヤルカナンの糖コントロール

本来なら膵臓が作るインスリンが正常に働くことでブドウ糖が有効に使われているのが理想。

糖尿病はこれが行われずに、血糖値が高くなっている状態のことです。

糖尿病になる原因としてはいくつかありますが、圧倒的に多いのが生活習慣病が原因のもの。

運動不足、高脂肪食、肥満、ストレス、過食などが主な理由ですが、遺伝的になりやすい場合もあります。

1~2日食欲不振なら注意! 肝リピドーシスとは?

人間の場合、見た目にはそれほど肥満に見えなくても、内臓に脂肪がたまっている状態である脂肪肝の人が糖尿病であるケースも多く見られ、主な原因は暴飲暴食などです。

猫の場合も肝リピドーシスといわれる脂肪肝の症状がありますが、こちらは1~2日食欲不振である場合に急に発症し、最悪の場合は命にかかわることもあるので注意が必要です。

食事ペースは個体差がありますが、明らかに食べていないと感じたらなるべく早めに診察・治療を受けるといいでしょう。

数少ない糖尿病用の食事療法食

ロイヤルカナンの糖コントロールは、その名の通り糖吸収速度の遅い大麦を配合した食事療法食。

高タンパク質、低脂肪、低炭水化物で糖尿病や肝リピドーシスの猫向けに合わせた配合となっています。

低カロリーで体重増加を予防し、複数の食物繊維も配合しているので、食の細い猫ちゃんでも少しずつ食べて元気になれるよう調整されています。

うれしいのはドライとウェットの2種類あること。

これで愛猫の好みに合わせてフードをとりいれることができるので、病気の回復もきっと早くなることでしょう。

他メーカーでは糖コントロール系のフードはあまりでていません。

そのため糖尿病や肝リピドーシスに悩まされることがあれば、ぜひこちらのフードをとりいれてみてくださいね。

「ロイヤルカナン 食事療法食 糖コントロール ドライ」の詳細

内容量 500g/2kg/4kg
特徴 糖吸収速度の遅い大麦、複数の食物繊維を配合して糖をコントロール。
高タンパク、低炭水化物、低カロリー密度で体重増加を予防。

「ロイヤルカナン 食事療法食 糖コントロール パウチ」の詳細

内容量 100g
特徴 糖吸収速度に配慮し、複数の食物繊維を配合して糖をコントロール。
高タンパク、低炭水化物、低カロリー密度で体重増加を予防。
pHケアをしつつ泌尿器トラブルを予防。
HP ロイヤルカナン

肝疾患の猫にはロイヤルカナンの療法食「肝臓サポートドライ」

猫の寿命は昔から比べると長くなっていますが、何らかの疾患に悩まされることも。

お次は肝疾患用のロイヤルカナン食事療法食をご紹介。愛猫が肝臓の病を抱えるようならぜひ試してみましょう。

猫の健康を維持する専用の食事療法食

何らかの病気に悩まされるようになれば薬に頼らなければならないこともありますが、食事療法食をとりいれて調子が良くなるようなら非常にありがたいもの。

特に最近では食事のバリエーションも増え、療法食も充実してきました。

肝疾患向けはまだ少ないため、ロイヤルカナンの食事療法食は非常に頼りになります。

一匹でも多くの肝疾患の猫ちゃんが健康を維持できるよう配慮されたフードなので、肝疾患を抱えたらぜひ積極的に試してみましょう。

考え抜かれたフード成分配合量

ロイヤルカナンの肝臓サポートドライは、肝疾患・胆管疾患の猫向けフード。

特に消化性の高いたんぱく質を使用し、銅の含有量を制限。

そのうえで十分なカロリーを摂取できるように密度を高めたフードになっています。

肝疾患の猫は肝細胞内の銅蓄積を配慮する必要があるため、標準的なフードよりも70パーセントもカットされています。

健康を維持するために抗活性酸素物質(ビタミンE、ビタミンC、タウリン、ルテイン)を配合。

食欲低下しがちな肝疾患の猫のために高嗜好性に仕上がっているのもうれしいポイント。

さらに泌尿器のトラブルを防ぐため、pHケアもされているので、高齢化や肝臓からくる他の疾患を予防するためにも優れた療法食なのです。

適したフードは獣医師に相談しよう

愛猫

複数の疾患を抱えると、いったいどのフードを選んでいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。

療法食は基本的には動物病院専売商品となっていますが、インターネットで個人的に購入することもできます。

そのためいきなり素人判断で購入するのではなく、まずは獣医師の指示をあおいでから、継続的にそのフードを使用するということになればインターネット購入も検討するようにしましょう。

ロイヤルカナンの肝疾患向けフードは、こだわり抜かれた配合が魅力。

肝疾患に悩んだらぜひこのフードの存在を思い出してみてくださいね。

「ロイヤルカナン 食事療法食 肝臓サポート ドライ」の詳細

内容量 500g/2kg
特徴 少ない食事量で必要なエネルギーを摂取できるように、高エネルギー設定。
銅蓄積に配慮した銅制限。
健康維持のための抗活性酸素物質カクテルを配合。高嗜好性でpHケアも。
HP ロイヤルカナン

食物アレルギーがあるならロイヤルカナンの「低分子&セレクトプロテイン」

猫にも食物アレルギーがあると聞くと、ちょっと意外に思う方もいるかもしれません。

しかし実際にそういった猫はいて、皮膚疾患や消化器疾患に悩まされることも。

お次はそんな猫ちゃん向けの食事療法食のご紹介です。

猫の食物アレルギーとは

猫の食物アレルギーは人間と同じように、特定の食物を摂取することで皮膚の異常や消化器の異常(下痢や嘔吐)などが起こります。

ただ猫が直接その状況を伝えられるわけではないので、かゆみが出たら必要以上に引っかいたり、なめたりして、脱毛したり血が出たりすることもあります。

今までに上げたことのないフードを与えるときは、食後の様子におかしなところがないかを注意しましょう。

また、体調がすぐれない時など免疫力が下がっているときに症状が出やすくなることもあります。

特定の穀物、肉など何に反応しているかわからないことも多いので、気になることがあればかならず動物病院で調べてもらいましょう。

これならおいしく食べられる! アレルギー向け食事療法食

愛猫

ロイヤルカナンの食物アレルギー用食事療法食は3種類。

症状によって向いているフードが違いますから必ず動物病院の指示を受けてから与えましょう。

一つめの「低分子プロテインドライ」は、食物アレルギーの原因になりにくい加水分解した大豆タンパク源を使用しています。

皮膚バリア機能を維持するため、パントテン酸、イノシトール、ナイアシン、コリン、ヒスチジンを配合。

ω3系不飽和脂肪酸(EPA、DHA)を配合し、pHケアもできるので、食事制限がかかりつつも他の疾患も予防できるフードに仕上がっています。

さらに健康的な腸内細菌バランスを維持するため、可溶性食物繊維(フラクトオリゴ糖)と不溶性食物繊維を配合。

専門的な用語が多くちょっとわかりづらいかもしれませんが、それだけ食物アレルギー猫向けにしっかりと配合されていることが伝わってきますね。

ドライとウェットで選べるセレクトプロテイン

2つめはセレクトプロテイン(ダック&ライス)ドライ。

こちらは食物アレルギーの原因になりにくいタンパク源(ダック)と炭水化物(ライス)を使用しています。

メインタンパク質が低分子プロテインと違うだけで、皮膚バリア維持、EPA・DHA配合、腸内細菌バランス維持、pHケアなどの特長はかわりません。

3つめはセレクトプロテイン(チキン&ライス)ウェットパウチ。

こちらも上記2種と変わらぬ特長をもったウェットタイプになっています。

メインタンパク源はチキンなので、ウェットタイプが好みの猫ちゃんに向いていますね。

食物アレルギーがあるとフードやおやつ選びにも慎重になりがち。

しかし上手に特定食物を避ければ健康的に過ごすことができますから、ぜひ療法食をとりいれてみてくださいね。

「ロイヤルカナン 食事療法食 低分子プロテイン ドライ」の詳細

内容量 500g/2kg/4kg
特徴 食物アレルギーになりにくい加水分解した大豆タンパクを使用。
皮膚バリア機能の維持に配慮、ω3系不飽和脂肪酸を配合。
腸内細菌バランスを整え、pHケアができるよう配慮。

「ロイヤルカナン 食事療法食 セレクトプロテイン(チキン&ライス)ドライ」の詳細

内容量 500g/2kg/4kg
特徴 上記の食物アレルギー向けフードの特長に加え、メインタンパク源にダックを使用。

「ロイヤルカナン 食事療法食 セレクトプロテイン(チキン&ライス)ウェット パウチ」の詳細

内容量 100g
特徴 上記の食物アレルギー向けフードの特長に加え、メインタンパク源にチキンを使用。
HP ロイヤルカナン

胃腸が敏感な愛猫にオススメ「ロイヤルカナン」のセンシブル

人間も胃腸の丈夫さは人それぞれ。同様に猫も猫それぞれの胃腸ですから、合うフード、合わないフードがあるものです。

そんな中でも胃腸が敏感な愛猫にオススメしたいのがロイヤルカナンのセンシブルです。

便の状態が安定しない猫ちゃん向け総合栄養食

猫の便の状態は食べるフードによっても大きく変わりますが、それ以外にもホルモンバランス、水分摂取量、ストレス、体調の問題なども影響を受けます。

繊細な猫ならちょっとした気温や天気の変化によってかわることも。

重大な病気などではないということならそれほど大きな心配にはなりませんが、便は健康チェックに欠かせないものでもありますから、飼い主としては不安はできるだけ減らしたいものですよね。

ロイヤルカナンのセンシブルは胃腸が弱い猫向け、という他のメーカーではなかなか見られないタイプの商品となっています。

消化吸収率を高め、腸内細菌バランスを維持するためのフラクトオリゴ糖や食物繊維を配合したフードになっており、胃腸の働きに負担をかけずに食事がとれるように配慮されています。

フードを変えると便の状態が悪くなる、好き嫌いが激しくてなかなか愛猫にあったフードが見つからないという悩みを抱えている飼い主さんも多いはず。そんなときはぜひこのセンシブルを試してみてください。

まずは少量パックでお試しを

キトン(小猫用)からシニア(高齢猫用)まで、フードだけでなくミルクやパウダー状の食事までそろっているロイヤルカナンのキャットフード。

一部キャットフードは少量パックも用意されているので、まずは試してみたいという人はこちらを購入してみるといいでしょう。

もちろんこのセンシブルも400gのお試しパックがあり、返金保証にも対応しています。

また公式サイトでは「マイロイヤルカナン」のページがあり、無料の会員登録をすることでさまざまなサービスが利用できます。

プレゼントキャンペーンなども頻繁に行われているので、ぜひチェックしてみましょう!

ウェットへの切り替えも安心

フードは各メーカーごとで特徴がありますが、基本的に同じメーカーであれば途中で商品を変えても、それほど違和感がなく移行できるともいわれています。

そのため最初は愛猫の好みに合わせたフードを選んでいたとしても、年齢を重ねて特別なケアが必要になったり、高齢猫用のフードが必要になったりしたときは、ロイヤルカナンを通して選んでいる限りはスムーズな移行がしやすいのです。

特にロイヤルカナンはフードバリエーションが豊富なので、愛猫に合わせていろいろなものを試してみるのもいいですね。

「ロイヤルカナン フィーライン ヘルス ニュートリション センシブル」キャットフードの詳細

ドライフード 粒の大きさ:小粒
参考価格 400g 822円(税込)
2kg 3,402円(税込)
4kg 5,875円(税込)
10kg 11,750円(税込)
(100gあたりの単価/170円)
対象年齢 胃腸が弱めな成猫用
特徴 高消化性の原材料使用、消化維持サポート、腸内細菌バランス維持、フードのおいしさ維持
HP ロイヤルカナンの格安通販サイトならペット用品NAVI



歯垢・歯石の蓄積-59%!「ロイヤルカナン」のオーラルケアキャットフード

室内猫

ペットの口腔ケアは飼い主の多くを悩ませます。特に猫は犬よりも口の中を見せるのを嫌がり、口腔トラブルを抱えがち。

そんな猫ちゃんに一度は試してもらいたいものとして、ロイヤルカナンのオーラルケアをご紹介します。

猫の口腔ケアの現状

ペットの室内飼いが増え、長生きするケースが増えてきた現在では、口腔ケアによる健康維持が注目されています。

多くの口腔ケアグッズ(フード、歯ブラシ、サプリメントなど)が世の中に出回っていますが、子猫の時からしっかり習慣づけていないと基本的に飼い主の思う通り歯磨きはできず、今でも多くの猫たちが早期に歯周病等何らかの歯のトラブルを抱えがちなのです。

愛猫の口腔トラブルは、口臭や見た目で気づくケースがほとんど。しかも気づいた時にはもうかなり進行しているということが多いのです。

歯磨きができていない猫ちゃんも、もう高齢になってきた猫ちゃんも「今更ケアをしても……」とあきらめないこと。

歯磨きが難しい猫向けの製品も数多く出回っていますから、ぜひ一度口腔ケアを真剣に考えグッズを利用してみるといいでしょう。

信頼のロイヤルカナン製品の歯垢・歯石ケアキャットフード!

ロイヤルカナンといえば、食事療法食をはじめ悩み別や猫種別の総合栄養食を多数そろえるなどして、日本でも人気のプレミアムキャットフードメーカー。

そこのオーラルケア製品ともなれば、期待が高まりますよね。

製品の特徴としては、特殊な形状のフードが歯垢・歯石の蓄積をマイナス59パーセントに抑えてくれること。

噛むことで歯垢が除去されるので、他の製品に比べ歯垢がたまりづらく、またすでについている分もすこしずつ落とせるのです。

また、歯の健康維持を考えポリリン酸ナトリウムが配合されています。

あまりオーラルケアフードに期待をしていないという人も、一度使って様子を見てみる価値ありです。

噛むこと前提! 丸のみ猫ちゃんには不向き

キャットフードの歯垢・歯石除去効果があるといわれているフードの多くが、大粒系。

これは噛むことでフードが歯表面をひっかいて掃除をするためで、あえて丸呑みできないように大粒になっているのです。

ただ、猫は基本的にフードを丸呑みするため、大粒に慣れていない猫や歯が減ってきている高齢猫等はオーラルケア系フードをあまり受け付けず、効果がない可能性も。

しかし公式通販サイトでも評価はかなり良いので、おいしさ満足保障(返金制度)の利用を考えつつ、まずは少量パックで試してみるといいでしょう。

「ロイヤルカナン FCN オーラルケア」キャットフードの詳細

ドライフード 大粒
参考価格 400g 904円(税込)/1.5kg 3,100円
(100gあたりの単価/206円)
特徴 フードを時間をかけて噛むことで-59%歯垢・歯石の蓄積を抑える。
ポリリン酸ナトリウム配合で歯の健康維持に配慮。
(旧名:オーラルセンシティブ)
対象年齢 生後12カ月~の歯垢・歯石が気になる猫向け

慢性腎臓病の猫のための療法食「ロイヤルカナン」の腎臓サポート

猫は腎臓病になりやすいため、それをケアするための食事が数多く出回っています。

そこで以下は動物病院で扱う食事療法食の中でもよく知られている、ロイヤルカナンの腎臓サポートをご紹介します。

なぜ猫は腎臓病のリスクが高いのか

猫は高齢になるほど腎不全や腎臓病のリスクが高くなります。

なぜ猫が腎臓を悪くしてしまうのか原因はよくわかっていませんが、もともと猫の祖先は砂漠で暮らしていたため、現在の猫も摂取する水分は少なめ。

これが原因で腎臓に負担をかけ、高齢になるほどリスクが高くなるという説もあります。

ただし、これだけが理由とも言い切れませんから、日頃から栄養バランスのとれた食事、減塩などを心がけることが良いでしょう。

腎臓病の主な症状としては、多飲多尿。トイレ掃除のときに、最近おしっこの量が増えてきたと感じるのであれば注意してみましょう。

そのほか、食欲不振による体重減少、毛並みが悪くなるといったものがあります。

特に高齢猫は気温や季節の変化による体調変化も激しいため、去年の今頃はどうであったかを思い出しながら違和感に早く気づけるようにしましょう。

病気の進行を抑える食事療法

すでに動物病院で腎臓が悪くなっていることがわかっている場合は、進行を遅らせるために獣医師にすすめられた療法食を選びましょう。

慢性腎不全は食事による効果で多くの良い結果が出ているため、積極的にとりいれていくべきです。

腎臓サポート系の療法食でも症状や好みにより選ぶ食事が違うので、まずは少量パックから試すか動物病院で食べていたものを選ぶといいでしょう。

実際にロイヤルカナンでも腎臓病のための食事は数種類あります。

これだけでなく薬も必要とされているのなら、それも忘れないように。

食欲低下に配慮し、リン含有量を制限

ロイヤルカナン腎臓サポートはリンの含有量が制限され、タンパク質、必須脂肪酸の含有量を調整したフード。食感や香りで食欲を刺激して、食欲低下をおさえます。

また、ロイヤルカナンの腎臓サポートシリーズのすごいところは、基本となるドライフードとウェットフードだけでなく、リキッドタイプ(流動食)があるところ。

自分で食事をするのが難しいとき、重症な時などにチューブを使って栄養をあげるのに適しています。

バリエーションが豊富なロイヤルカナンの食事療法食「腎臓サポート」。大事な愛猫のためにも、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

「ロイヤルカナン 食事療法食 腎臓サポート」キャットフードの詳細

ラインアップ(6種) セレクション ドライ
スペシャル ドライ
ドライ
ウェット パウチ
フィッシュテイスト ウェット パウチ
リキッド
特徴 ドライ、ウェット、リキッドの3タイプ6種類。リンの含有量制限、タンパク質、必須脂肪酸の含有量を調整。
ロイヤルカナン
最新情報をチェックしよう!
>猫との暮らしをmotto(もっと)笑顔に。

猫との暮らしをmotto(もっと)笑顔に。

CTR IMG